忍者ブログ
[47] [46] [42] [44] [43] [15] [41] [18] [13] [16] [14]

DATE : 2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/02/15 (Wed)
101 WAYS TO BECOME A BETTER DRUMMER、
今回はドラム職人森山氏リクエストのTipsです。
このTipsのコメンテーターは、パンクロックバンド
「blink182」のドラマー、TRAVIS BARKER
全身タトゥーまみれだけど、すごいドラム叩く兄ちゃんです。
たしか同い年だよ。スゲー。さらにパンクロックファッションのブランド
Famous Stars And Straps」も立ち上げたお洒落さんでもあります。
全身タトゥーまみれだけど。

こんな人



We hooked up with the pulse of Blink 182 “somewhere between New York and Boston” during their recent tour with No Doubt. Despite the combined impediments of a grueling schedule and broken foot, Barker had obviously taken considerable time to compile a list of recordings, which he based not onely on his own tasted, but on the musical value he felt each recording had to offer his fellow drummers. Now, that’s cool.

先のNoDoubtとのツアー中に、NYとボストンの中間あたりでBlink182と合流した。超過密スケジュールと足の負傷という度重なる障害にもかかわらず、Barkerはリストを纏めるのに明らかにかなりの時間をかけてくれた。彼自身の好みに沿っただけでなく、彼がドラマー達に勧めるべき音楽的真価をも感じ取ったリストだ。それがまた、クールなのだ。

といった感じだろうか。。。
the pulse of~がわかりゃん。(*_*)

さて、そんなトラビスが挙げた「ドラマーなら持つべき7枚のCD」、
この7枚です。じゃーん。

(1)THEM BY KING DIAMOND
(2)ZOSO(aka IV) BY LED ZEPPELIN
(3)GREATEST HITS BY POLICE
(4)TOO FAST FOR LOVE BY MOTLEY CRUE
(5)KILLING JOKE BY KILLING JOKE
(6)BEST OF BY MISSING PERSONS
(7)MUSICOLOGY BY PRINCE

いかがですか森山くん。
ブレッカーブラザーズのヘヴィーメタルビバップは
ありませんでしたね、残念!
でもテリー・ボジオが居るね(笑)
ちなみに私、キング・ダイアモンドは名前すら知りませんでした。
ごめんなさい!(デンマークのメタルバンドなのね)

いっぺんには多いので、きょうは最初の3枚についてのコメントを
軽く和訳してみました。超適当です。
まあこんなことが言いたいんだろうなって感じ(笑)

長くなるので詳細コメントの和訳については
続きをクリックして読んでくださいまし。右下の「さらに詳しい内容はコチラ」です。


(1)THEM BY KING DIAMOND
I grew up playing in marching bands, and [drummer] Mickey Dee always played the coolest patterns. The way he placed accents, and where he placed accents were really, really cool, like Latin patterns on his ride cymbal. That stuff just wasn’t happening in rock music back then. I wasn’t much of a double-bass drum fan, but he incorporated them into his fills in a really tasty fashion. Oh year, he set up all his drums and cymbals totally flat, which I thought was so cool and inspiring. To this day, all my drums are set up completely flat.

俺はマーチング・バンドでプレイして育ってきた。ドラマー、ミッキー・ディーはいつも一番カッコいいパターンを演奏してた。彼のアクセントを置く手法と位置は、ホントにホントにクールだ。ラテンのパターンをライドシンバルでやってみたりさ。当時ロックでそんなことをするやつはいなかった。俺はあまりツーバスのファンじゃないんだけど、彼はそりゃもう興味深いやり方で、フィルの中に見事に融合させてたよ。そうそう、彼のドラムとシンバルのセッティングは全体的にフラットで、すごくカッコよくて感激した。今日に至るまで、俺のドラムも完璧にフラットにセッティングしてる。


聴いてみたいなー 誰か持ってない?(笑)
※赤文字はご指摘いただいて訳を直したとこね。

::
(2)ZOSO BY LED ZEPPELIN
Bonham’s fills, the way his drums sounded, and the way he approached songs were just so refreshing. Everyone back then had, like, 19 drums, and I was like “No, look at John Bonham, with one bass drum, half the kit, and he sounds ten times better!”

ボーナムのフィル、ドラム・サウンド、曲へのアプローチは、とにかく斬新。当時19もドラムを並べてるようなやつら居たけど、俺は「違うだろ、ジョン・ボーナムを見てみろよ。バスドラム一個で、キットも半分、それでも10倍うまく音を出せてるよ!」て言ってやっただ。

・・・ん?当時っていつだろう。同い年ならzosoのころはまだ3歳とか5歳とかじゃないかいな。

:::

(3)GREATEST HITS BY POLICE
I grew up loving Steve Gadd, Buddy Rich, and Elvin Jones, but when it came to rock music, I wanted to see a drummer hit his drums hard, and Stewart Copeland always beat the hell out of his drums. I loved him for all his hi-hat work and his unexpected parts on Police songs. “Message In A Bottle” would have been so different played by a “normal” drummer. The way he incorporated ska and reggae into rock music was just so refreshing. I was in a ska band before I was in Blink, and he was my eyes and ears for everything I was learning back then.

俺はスティーブ・ガッド、バディー・リッチ、それにエルビン・ジョーンズを好み影響を受けて育ってきたけど、ロック・ミュージックとなると、ドラムをハードに叩くドラマーが見たいと思った。で、スチュワート・コーポランドは常に徹底的にドラムを叩くんだ。彼のハイハットワークの全部と、彼のポリスの曲の中でも思いがけないパートが好きだった。「メッセージ・イン・ア・ボトル」なんかは「普通の」ドラマーだったらもっと違ったプレイをしていただろう。彼のスカとレゲエをロックに融合した手法はただただ、斬新だった。俺はBlinkに入る前にスカバンドにいて、彼は、すべてにおいて俺の目であり耳であり、勉強になった。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★翻訳ありがとうございます!
NAME: 森山
ほほ~!
私なんて、
正直ほとんど聴いたことない!(笑)

スチュワートコープランドは、
レベル42での演奏が
私の中で印象的ですね。
左右両利きで叩けるので、
左にもライドがある正対称セットで、
バンダナ・半袖・半ズボン(全て白)という、
まさに80年代ファッションでした。

ミッシングパーソンズも
聴かなきゃなぁ・・・。
2006/02/15(Wed)22:51:16 編集
★というか、
NAME: 森山
このブログのデザインかわいいですね!

今が夜だから、月が出てるのかな?

昼のだと上の虚無僧が
ドラム叩く絵とかだと面白いなぁ。

なんちって。
2006/02/15(Wed)22:53:46 編集
★バンダナ・半袖・半ズボン全て白?!
NAME: momo
きょうれつだなぁ(笑)
しかし両ききの人は羨ましいです。
ミッシングパーソンズは私もちゃんと聴いたことはなのだけど、テリーをはじめ、ほとんどフランク・ザッパの卒業生たちなんだよね。
個人的にはプリンスのCDが一番興味あるー^^
こないだ中古屋で探したけどありまへんでした。ざんねん!

ちなみにこのテンプレートは出来合いのもので、昼も夜も同じなのよね。これまたざんねん!(笑)
けど時間に余裕ができたら、一番上にある画像は自分で作ろうかなと思っております。虚無僧とスネアとかも可愛いかもしれないな~
2006/02/16(Thu)00:17:49 編集
★無題
NAME: みなお
※That stuff just wasn’t happening in rock music back then.
当時ロックでそんなことするやつはいなかった。

※Everyone back then had, like, 19 drums, and I was like
当時はみんな、19個ぐらいドラム並べてただけど、俺は「ジョン・ボーナム見てみろよ...」

19個ってのは極端な言い方かもしれないけれど、タムタムとかフロアタムとか、やたらにいっぱい並べてたプレイヤーのことを皮肉っぽく言ってるんだと思うよ。シンバルもいっぱいで。
"like"はよく「みたいなー」的なニュアンスで使われます、みたいな。
2006/02/16(Thu)07:32:26 編集
★なるほどー
NAME: momo
back は「当時」ですね。
こっそり直しちゃいます。ありがとう!

>で使われます、みたいな。
なるほど、みたいな(笑)
URL 2006/02/16(Thu)10:37:14 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
access

(2005/12/15からのアクセス数)
手がけたウェブサイト
■InThePink*pocket 自分んち
■GRASS ROOTS
■豚骨醤油らーめん 誠屋 旨い!
■Hanako On Stage 末永華子
■KIWA (Kyoto International Woodprint Association)
■Rockin' Slide Slim 山浦智生
ありがたきコメント!
ピープ7
モモ(12/06)
ピープ7
真也(12/06)
ピープ7
モモ(12/05)
ピープ7
真也(12/04)
私はサビオだな。
momo(10/10)
最新トラックバック
InThePink*pocket(05/24)
GWライブ週間、ひといき。(05/08)
泣きそうです・・・(04/19)
寸止めコロセウムⅦ - 虹色シャボンに誘われて -(04/11)
新宿歌舞伎町の、昼!(03/28)
blog links