忍者ブログ
[70] [69] [61] [67] [68] [65] [66] [62] [64] [63] [58]

DATE : 2017/08/22 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/03/14 (Tue)
先日、こんなニュースを目にしました。

「カメラばあちゃん」増山さんの葬儀 各界から惜別の声

ダムに沈む故郷を撮り残しておきたいと、
60歳を過ぎてカメラを手にして7万枚以上の写真を残した
おばあちゃんだそうです。
未だ戦争から帰還しないご主人の為に、ダムの底に沈む故郷の姿を残すため。
お会いしたことはありませんが、色んな記事を読んでいると
その気さくな人柄がうかがえて、おばあちゃんが撮った写真が見たくなり
久しぶりに図書館に足を運んで写真集を探して、
図書館のソファでじーっくり見てみました。

故郷をカメラに収めたいと思って行ったカメラ屋さんの
「猫がケッコロがしても写るピッカリコニカいうんが出たんじゃぁど」
という、おばあちゃんがカメラを手にするきっかけになったセリフがいい(笑)

亡くなったばかりだというのをニュースで知っているからか
いや絶対それだけじゃない。見ていたら涙がでてきた。
自宅じゃないから必死でこらえましたけど。
だってね、とってもひたむきなんですよ。作品一枚一枚に
故郷に対する愛情が込められていて、お会いしたことないのに
おばあちゃんの人柄が伝わってくる。そしてその美しい光景がすべて
ダムに沈んでしまうのかと思うと、哀しく切なくなってくる。

構図やセンスや技術、道具、フィルム
そんなものに一切こだわらないのに、どの作品も輝いています。
何もかも超えている。どの写真も、すばらしい。
元々おばあちゃんにセンスあるのかもしれんね。単純にいい写真が多い。
いまは無き徳山村の人、暮らし、四季。人々の表情がイイ。
巻末にある、ピッカリコニカを構えるおばあちゃんの笑顔は
はちきれんばかりのイイ顔。

心がキレイな人のひたむきな作品には、かなわないなー
おばあちゃんの作品見てると、道具をそろえるとか凝ってみるとか
それはそれで面白いけど、二の次のような気がするのです。
何より楽しいのは、「撮る」こと。
そして心から撮りたいものがあること。
被写体に対するあふれんばかりの愛情。
おばあちゃんの視線はあまりにも純粋です。脱帽。
カメラマン気取りではなく、カメラを持つ「人」としての目が
あまりにも純粋だと思うのです。

「増山たづ子 徳山村写真全記録」
買うと高い!ので図書館で読んでみることをオススメします。
  ↓


私はペン1台で、自分なりの「ひたむき」というやつを、そのうち見つけよう。

・・・っていう端からロモグラフィーのFISHEYEをオークションで落札しちった。
だってあれは前から買うって決めてたからね!(そうなの?笑)
おもちゃだもーん。それはそれで楽しむのさー。
(そして実はこの1974年製ピッカリコニカにも興味が向いている・・・
 中古市場ではあまり価値がないカメラらしく、3000円も出せば
 いい状態のが手に入るらしい。運よければワゴンに1000円とか。
 サブとして一台もっておくにはいいかもしれない。)

おばあちゃんが撮った写真の一部がダムのサイトで閲覧できます。
興味のある方はアクセスしてみてください。いい写真ばかりだよ。
 →故郷 ~私の徳山村写真日記~
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★いいのう
NAME: すず
なんか被写体の人々の表情が、撮る側のおばあちゃんを写してる感じがする不思議な写真だの。双方向写真っていうか。
今朝は天気が良くて公園二つ回ってから出社したら遅刻。なんかいい写真が撮れるときって心がウキウキ浮いててでも目はシャッキリしてるときっていうか、要するに心がオープンなときなのかなと思う。プロじゃないからそういうの大事にしたいなーとおもた。
URL 2006/03/14(Tue)11:54:22 編集
★ココロがオープン
NAME: momo
そうだぁねー 心を開いてるって大事だよねきっと。
このばあちゃん、慣れているからか、5~6台ずっとピッカリコニカばっかり使ってたんだって。修理に出したら部品が磨耗してて、メーカーの人が「これは寿命です」て言っても故障だから直せって聞かなかったらしいよ(笑)それで5~6台。こんな使い方されて寿命をまっとうすれば、カメラもカメラを作った人も嬉しいよね。

うちんちの近くの公園に行って撮影しようものなら、漏れなく住人(ホームレス)が近寄ってきます・・・子供はおらんのか子供は!

URL 2006/03/14(Tue)12:29:46 編集
★無題
NAME: 瞬く間
ええね。
日本の田舎。心の原風景。
和んだわ。ほんま。
2006/03/14(Tue)17:27:13 編集
★たまにはえかろう!
NAME: momo
日本のいなかね。
山もいいが、海もええよね。(ばあちゃんち能美島)
次の帰省には瀬戸内海の写真とろーっと。
2006/03/14(Tue)20:12:06 編集
★ももんも
NAME: みなお
写真って、不思議と撮る人の人柄を表すんだよね。
「ももこばあちゃんの写真集」とかが残るぐらいがんばれー。
2006/03/15(Wed)01:21:36 編集
★いやいや・・・
NAME: momo
あたしは自己満足だからいいんですよー(^^)
ホームページに押し付けギャラリーはのっけるけど(笑)
2006/03/15(Wed)10:42:34 編集
★ばあちゃん
NAME: みなお
あ、「ももこばあちゃんの写真集」はホームページにすでに存在していたか。
もうばあちゃんだし。

(あー、冗談だよ冗談。ぶたないでー!!)
2006/03/16(Thu)00:43:44 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
access

(2005/12/15からのアクセス数)
手がけたウェブサイト
■InThePink*pocket 自分んち
■GRASS ROOTS
■豚骨醤油らーめん 誠屋 旨い!
■Hanako On Stage 末永華子
■KIWA (Kyoto International Woodprint Association)
■Rockin' Slide Slim 山浦智生
ありがたきコメント!
ピープ7
モモ(12/06)
ピープ7
真也(12/06)
ピープ7
モモ(12/05)
ピープ7
真也(12/04)
私はサビオだな。
momo(10/10)
最新トラックバック
InThePink*pocket(05/24)
GWライブ週間、ひといき。(05/08)
泣きそうです・・・(04/19)
寸止めコロセウムⅦ - 虹色シャボンに誘われて -(04/11)
新宿歌舞伎町の、昼!(03/28)
blog links